インフルエンザはdancing to night

油そば食いてえなあ

ギター改造+痛ギター化 その2

いきなりサボり気味でしたが作業落ち着いたので少し続き書きますね。

 

前回どういう改造施すか言ったところで作業に取り掛かっていきます。

 

 

まず最初なんですがリフィニッシュ、つまり再塗装をするので今ギターについてる塗装を剥がします

結果の写真しか撮ってなかったのでとりあえず剥がし終わった写真から

f:id:ove0:20151208021825j:plain

あ、もちろん塗装剥がすのはパーツ全部取ってからやります。

塗装の剥がし方としてはドライヤーで温めると塗膜が柔らかくなるのでそこをヘラとかノミを使ってボディを傷つけないように気を付けながらやってきます。

 

あとこの塗装剥がして現れたこの部分、樹脂っぽいです。

たまにあるらしいんですがボディの木材を3つとか4つとか5つとか接着して作ってるギターによくやる手法でこれで塗装が痩せたときに接着したところをわからないようにしてるんだとか。

 

正直この作業が今回のギター改造で一番の手間だと思います。

一気に剥がしたい気持ちはあっても少しずつ剥がさないとボディ傷ついちゃうんですよね。

やってみないとわからないところでもあるので深くは言いませんけど。

 

 

今日はこの辺で終わります。

質問だったり掘り下げて聞きたいことあればコメントにどうぞー